GoogleのTangoがAR対応スマホの次に、”端末同士の3Dスキャンデータ共有”で早期のランドマーク内部マップ生成を明言

GoogleのTangoがAR対応スマホの次に、”端末同士の3Dスキャンデータ共有”で早期のランドマーク内部マップ生成を明言
http://getnews.jp/archives/1501000
建物内3Dストリートビュー、だと考える向きはまだ浅い。個々のAR.機がリアルタイムにデータ共有を始めた瞬間から、街に死角は無くなる。監視カメラが無用になり、看板やポップ、サイネージ広告もAR.内へ、オフィスや家庭内にはモニターも大型テレビも必要なくなるセカイ。SF.や未来の夢物語ぢゃない。今年から始まる現実だ。
11年前地球上に、Googleマップは存在しなかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です